麗華舞う!

信on天翔の戦場に舞う麗華隊の日記
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

水のこころ

 復帰しました!
えぇもちろん、お年玉福袋目当てでしたよw

復帰してみて、久々に知人たちと過ごす日々は
楽しいものですね。
特に最近はやりの一門クエ、今まで大した目的もなく
フラフラ過ごしてた私たちにとっては、ほどよい刺激と
某あんにんによる波乱に満ちた戦闘(迷子を含む)を
提供して、激しく迷惑かけながらも楽しく過ごしてますw

とりあえず一門クエ
先週はイザナミ、今週は陸・海・空のダンジョン制覇
私のあんにんは相変わらずの・・・を発揮してました^^;

水神王
水神王


おなじ水神の名を持つ、しかも王を倒すなんて・・・
みんなの「水神は〜〜あれは〜〜イヤ!」って会話も
なんとなく自分のこと言われてるようで微妙な感じでした。

まぁ、初めての水神、空1,2の旅は大変楽しかったですw
夜一が斬る! | permalink | comments(1) | -

イザナミ

 イザナミ

黄泉の世界に君臨する最後の強敵
そこに到達するまでの道のりも長く険しいもので
私がチャレンジする日など決して訪れないと思ってました
が・・・最近ちょっと九州などで自信がついたので
思い切っていってみることにしました

イザナミ宮からの道程・・・えぇもちろん追尾ですw
なんたって初めて来た世界、右も左もわかりません
ひたすら追尾で大雷まで行きました
大雷戦はごく普通のボス、基本に忠実に役割を果たしました
特別な強さもありませんでしたね

イザナミ戦、やはり強敵でした
とにかくイザナミの攻撃が強烈です
盾職で一撃あたりダメージ4000を超えてました
ほかにあったったら即死でしょう;;
きちんと釣らないといけない盾職
次の攻撃までに回復させなければならな回復役は
大変だな〜って思いました
うりさんて偉かったのねw

わたしですかぁ?えぇそこそこ頑張りましたよ
2回に1回痺れを挟む、ひたすらこれw
腕力に溺れず謙虚に影仕事しましたよ

とにかく一戦で葬ることができてよかったです^^

夜一が斬る! | permalink | comments(1) | -

火雷(ほのいかずち)

京の都の社から、あの世につながる黄泉比良坂
その奥に根の国という、それはそれは恐ろしいとこが
あるらしい
ってなことで本日の黒旅団は根の国探索〜
(決して瓦クエに目がくらんでるわけではありません)w

まずは、ほっぽさんのリハビリを兼ねての魔の番犬戦
昔は2時間近くかかったのになぁ〜と感傷に浸りながら
ほんとあっさり〆 その後析雷・黒雷をパスしての伏雷戦
初めての対戦でしたが特に印象もなく〆〜
本日のメインイベント火雷戦
火雷 (ほのいかづち)
火雷
右手はタイラント、左手に団扇をもつ怪物ですw

感想ですか?
特にこれも・・・あっさりでしたねw
黒のメンバーは私も含め装備もレベルもそれほどではありませんが
とにかく「行動予告」をします。
野良でよくレベル・装備はすごいけど
無言な人達と組むとものすごくへんにピンチになります;;
メンバーの都合で変則従党になることも多いのですが
やはりこれだけで安定して戦えます
しかも楽しいw

やはり言葉って大切ですよね。

夜一が斬る! | permalink | comments(2) | -

乱戦模様

かの昔、織田・徳川の連合軍が
当時最強と謳われた武田騎馬隊を打ち破った”長篠の戦い”
1勝2敗で迎えた武田との合戦の舞台は
起伏にとんだ長篠山岳地帯での戦いとなりました。

前回の川中島は本陣Nも刈りまくられるほどの惨敗
今回はどうなる事か心配しましたが、同盟国の方々お力で
五分以上の戦い、うれしいかぎりです^^

乱戦模様
乱戦模様
今回も暗忍夜一で参戦
自作”鵺帷子”を真っ赤に染めての奮戦
最近お得意様の鉄砲鍛冶さんをビシバシ〆ましたw

あとはボス戦用にクレイモア(大剣)がほしいなぁ〜
夜一が斬る! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

本陣陥落

前回、劇的な勝利で、1勝1敗で迎えた入間川合戦3戦目
武田家の大逆襲です><

ゲリラでの奪還作戦も陣の防衛も幾重にも構える熱い防衛ラインと
怒涛のごとく押し寄せる敵兵の前にことごとく抑えられ
開始わずか1時間でほとんどの陣を失うことも;;
最後の砦である本陣さえ、敵に蹂躙される始末

本陣陥落
本陣陥落
なにもできませんでした・・・
防衛で救援阻止で4人打ち取ってもそろわれてるし
なにしろ後ろを振り返ると陣にひとりぼっちってことも多く
武将従党を止めてもわずかな時間を稼ぐことしか・・・

こころが折れそうなこともありました
でも、だからこそ少ない味方のためにも
こんな合戦に援軍に来てくれてる人のためにも
私は戦いつづけたいと思う

それが私のプライドなのだから
夜一が斬る! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)