麗華舞う!

信on天翔の戦場に舞う麗華隊の日記
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 夜一の憂鬱 | main | 徐なること林の如く >>

疾きこと風の如く

「左先跡にて奪還戦開始、只今一人っ!!」

織姫がその報を聞いたのは敵中の前線
左後方に移動する味方を尻目に、一人馬首を中後方向に翻す

「左中が落とされててもあそこは・・・」

中先→中中→中後→左後と疾走する
落とされた左中陣を速度を緩めることなく突破し
坂下に見据えた”下間頼純陣”
「ここは後方からががら空きなのよ♪」
正面から向かい、つかまってる味方を尻目に

「Lv43 オンモ 参上^^」救援一番乗りを果たすw

なんたってピンチからのスタート
呪縛ー呪縛ー結界ー暗黒ー呪縛
旗を守るのに必死(>_<)
その後何とか味方が入り、少し余裕が出来たころ・・・

「水神さん、アタッカー・・・」

はっ!、私だけなのね><
気がつくと攻撃職は私だけ・・・

波乱の武将戦
氷晶
覚えたての”氷晶・轟雷”を連打するも、若さゆえ・・・

「救援に入ったオンモが非力です、アタッカーを!!」

っと自ら悲鳴を上げる始末に^^;

その後、ハイパーな武芸さんが入ったり、
地味ながら術連打し、なんとか倒す (2名の犠牲者をだす><)
そして水錬・水神家5人目の中老が誕生したのでしたw

裏水錬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suirenn.jugem.jp/trackback/101
この記事に対するトラックバック