麗華舞う!

信on天翔の戦場に舞う麗華隊の日記
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 火雷(ほのいかずち) | main | 不入山冥境(いらずやまめいきょう) >>

めぐり逢い

ついに水鎌家当主、麗華がlv60になりました
それはそれは長い道のりでした・・・

麗華が誕生してもう4年以上になるのかなぁ
その頃は勢力によって初期振りがあったため
上杉家に所属する人は、腕力を必要とするアタッカーが
多かったのです。しかも初心者であったため
古参の方なんかに話かけるなんて恐れ多く
いつも組む知人は初心者武芸の集まり
私も最初武芸でした

最初はそれでも楽しかったです
新しい世界、隣国信濃、海の向こうの佐渡なんか
行くだけで冒険でした。甲斐の虎狩りなんか良く行きましたね

「ただ一緒にいたい」

そんな思いで、侍三人だけど技能を駆使して
役割を決めてなんとか対処してました
今考えると一番楽しかった頃かもしれない
ただそれもレベルが30近くになり、ダンジョンに行く頃から
限界を感じ始めてました

「みんなといつまでも、そしていつかは一緒に合戦で」

そんな思いで麗華(薬師)が誕生しました

それから・・・
レベル上げに必至だった時代、早く強くなりたい気持ちの頃
今みたいに、あっという間にレベルが上がる手段がなかったため
レベルが離れた私達は、少しづつ時間を共有することが無くなりました
それはそれで新しい出会いの機会でもあり、新しい知人との時間
人生とも似てますよね

「麗華さん、ひさしぶり〜!!」
レベル60にする為の瓦クエの黄泉狩りの最中
救援を呼ぶかつての知人、三人で行動した頃の

「こんばんは〜^^」
偶然はつづき、私設会話に入ってきたのは
初心者の私を初めて狩り(雪ネズミ)に連れて行って
この世界を教えてくれた人

「麗華さんおひさしぶり〜、あけおめ^^」
さらに偶然が続き、クエが終わって帰って来た両替で
合戦を熱く戦っていたころの知人からの対話

LV60になった記念すべき日に続いた偶然
いろんな思い出がよみがえりました
多くの出会いと別れがありました
別れは悲しいことでもありますが
新しい出会いのきっかけでもあると思います
その一つ一つが珠玉の宝石のような思い出

皆様とこれからもそんな時間が過ごせたらと思います

                         水鎌麗華





麗華舞う! | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする