麗華舞う!

信on天翔の戦場に舞う麗華隊の日記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 破天探求 | main | 逃亡者 >>

時の旅人

「知ってましたよ、昔合戦でよく修理もらいました」

稲葉で誘われて、何気なく参加した武蔵屋敷
同時刻に浅井家の会議があるというので、なつかしくて
浅井出身と告白したとき、徒党の一人から頂いた言葉

「もう1年近くになるのに覚えてくれてたんだ・・・」

浅井家と大国足利家との間で行われてた大津の戦い
いつも劣勢で押し込まれてたけど、そこに集ったみんなは
味方のために出来る限りのことをしてた。
当時私は、レベルがまだ40にもとどかず、戦力にはならなかったけど
徒党止め・狙撃・辻修理など、出来る限りのことしてた。
前線で襲われ、透明になってるとよく

「あまり無理しなくてもいいからね^^;」

って、まわりの方々にいわれました。

そんな私のために、復興戦で勝利が確定したあと、戦場で断片徒党を
組んでくれたことを今でも覚えてます。
そんな皆さんと戦うのがすごく好きでした。

その後、浅井家の合戦がなくなり、みんなバラバラになりました。

ついこの間の雑賀復興戦、城に突入しようとしたところで
各国の戦場を渡りあるいてる、有名な巫女さんらに逢いました。
彼女も浅井家出身、いつも苦しい中、陣を奪還しに行く彼女の徒党には
すごく勇気つけられたものです。
その巫女さんらも、私と同じで流れ流れて今に至るそうです。

国に残った人、国を去った人、皆さまざまですが、
あの苦しい合戦をともに戦った思い出を友に
私の旅もまだ終わらない。








空鶴が撃つ! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suirenn.jugem.jp/trackback/72
この記事に対するトラックバック