麗華舞う!

信on天翔の戦場に舞う麗華隊の日記
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

北条の黄備

北条と織田との激しい攻防が続く入間川終盤戦
援軍に派遣していた夜一の陣も落とされ参戦できず
ここに至って、ついに水練家当主”麗華”自らが出陣を決意
久々の戦場なので救援活動をと思った矢先
「武将いくよ」の鶴の一声で武将徒党に加わる^^;

「この辺は織田勢に任せ、我々は後方の・・・」っと
鶴の声

「え!?、いきなり後備えですか!
しかもあそこは北条家でも猛将の呼び名も高い
黄備え”地黄八幡”の異名をとる北条綱成が陣ですよ!!」と、
麗華心の叫びを無視しての武将戦に突撃^^

地黄八幡 北条綱成
北条綱成
五連撃・改、地黄八幡の護などを放つ二刀の恐ろしい猛将
以前徒党割れもあったけど、開幕1撃死の記憶をあり
攻撃術をすべて封印してのかなり地味な実装
地味に地味に地味に回復係りに徹しました
徒党の方が強い人ばかりだったので、さほどのピンチ
(敵の増員はあったような・・・)もなく無事撃破
大役果たせてほっとしました^^;

あとで陣取り表を見て、一番上に名前が載っててうれしかったw
麗華舞う! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

暑い夏の夜には

6月の頃からお盆前まで
忙しい日々を過ごしていました

皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか?

時間が中途半端、しかも相変わらずの12時落ち^^;
なのでコツコツ採取はしていましたが中身は・・・
そんなでした
今日はお盆、久々にのびのび過ごしていますw

少し伸びた生産技術で装備を作ったりしました
忍は待望の知力装備を自作したのをはじめ
書くキャラ、できる範囲での自作装備更新できました^^
生産も面白いね〜

僧とおんもを51にしたらまた合戦に本格参戦したいと思います
またみんなと一緒に戦いたいな〜w
麗華舞う! | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

動かざること山の如し

激しく燃えた1週間

織姫が雪竜が坂井平野に出撃していきました
空鶴が吉野の合戦に出撃していきました

麗華は・・・

織姫が雪竜が武将撃破して中老になりました
空鶴が敵門前まで進出していきました

夜一は・・・

昨日、三輪山に誘われましたぁ〜♪
薬師行けます^^、あんにん行けます^^、武士道行けます^^
刀鍛治もいけます^^

編成を見て「回復かな?」っと勝手に思い
麗華で装備をはじめる
「お薬良し、お水よし、おやつよし^^」
ちょっと麗華やる気ですw

「水錬さん武士道ね〜」

・・・動かざること山の如し
麗華のお留守番が決定しました^^;
麗華舞う! | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

悲しき傭兵

誰もが予測してなかった
上杉ー雑賀との合戦 手取川の合戦が起こりました

雑賀家とは以前敵対同盟の関係
そしてなにより空鶴のお国
なのでたぶん放棄なんだろ〜なと思い出陣してなかったのですが
「中老試験の支援おねがいしまーす」の大声に思わず反応
両家での話し合いもついてるって聞いて
お手伝いにいくことに
合戦場でも共同私設「家老試験」なんてのにはいり
両家とも武将戦の前には
「つぎ○○いきまーす」の声に
「お気をつけてー^^」なんてお言葉もらったりしながら
わき会々のうちに武将戦をこなしてきました

日曜日になって雑賀家の方が来るとことで
「あ、きっとこれからもよろしくーなのかな?」なんて思い
会議にでてみたのですが・・・雲行きが怪しい・・・
どうも合戦での取り決めはその場で決めだったらしく;;
上杉継続派ー上杉放棄派ー雑賀家それぞれの意見でゴタゴタ
親切で行ったつもりがなんとなく戦犯みたいに;;

寂しい寂しい日曜日の夜になってしまいました(>_<)

麗華舞う! | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

春一番

春といえば桜、桜、桜
いいですよね〜、春を告げる桜吹雪
雪国越後となればなおさらなんですよぉ〜^^

っということで、めずらしく春一番クエをやってみました^^
めんどくさいなぁ〜っと思いつつ、どうしてもほしかった
桜の枝 いいですねぇ〜 ワンワンになった甲斐ありましたw

桜といえば夜一の桜屋敷
私としては少しがんばった桜の木が植えてある
かなりひっそりしたお屋敷

夜一の桜屋敷
春一番
なんだか知らないうちに合戦で拾ってきたのが
いくつか置いてありました^^;

この日の物語
「麗華様、私の屋敷がそんなにお気に入りですか?」
いつものように夜一の屋敷に入り浸る麗華
「う〜んいいね、私は桜好きだし」
桜の枝も手に入れご満悦な様子
「ところで麗華様、私も一度麗華様のお屋敷を見たいのですが」
「・・・さぁ〜て、そろそろ帰ろっかなぁ〜」
ササッっと視線をそらす麗華

その理由は・・・、ちょっといえないw

麗華舞う! | permalink | comments(4) | trackbacks(0)