麗華舞う!

信on天翔の戦場に舞う麗華隊の日記
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

遠い落日

雑賀復興戦が始まる少し前
私は客将として伊賀家にお世話になってました

ふと、お世話になってるのだから城主様にご挨拶でもと
城内に入ったら犬が!  しかもレベル高っ!
伊賀の精鋭部隊 
伊賀犬
lv50、7体 彼らもりっぱな戦士だそうです。

実は伊賀家にお世話になったのは、これで2度目
一回目は浅井家滅亡のときで、その時も客将でした

人が少なくのんびりした城下町ですが
たまに驚くような激安装備が売ってたりします
城から近い鉱山も、当時レベルの低かった私には
大変たすかりました。

静かでやさしい街”伊賀郷”
私の思い出と共にいつまでも・・・

空鶴が撃つ! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

桜舞う雑賀郷

ついに、その瞬間がやってきました!!

長い長い雑賀復興への道のり
私自信は、浅井時代からの”宿敵”を追っての参戦
今回の復興戦は最終戦まで持ち込んでの劇的勝利

一時は危ない陣もありました
圧倒的な兵力差に押しこまれ、本陣武将も狩られたことも・・・
でもでも、そんな中で皆あきらめず戦ったこと
そして多くの援軍の方が駆けつけてくれたこと
ほんとほんと勝利に終わって感極まるって感じですw

復興確定してみんなで孫市を囲んで記念写真撮りました^^
感動の瞬間♪

私はこの日は休みになったので、朝からの参戦でしたが
中にはこの2日間寝てないって人も@@、すごいね。
みんなの熱い熱い想いが伝わりました。

そしてこれが感動の最終陣
第11陣(最終陣)
戦果
戦果
雑賀14341 VS 足利3084
鮮やかにすべての陣が染まりました^^

この感動を胸に、皆様のもとにもどって来ます。
帰ってきたら遊んでねw
 
空鶴が撃つ! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

雑賀砦の決闘

失われし物を取り戻すため、守るべき物を守るため
それぞれの意地がぶつかり合った
”激戦の雑賀砦攻防戦”
それはそれは熱い戦いがつづいてます。

空鶴も”王虎”片手に元気に参戦していますw
特化も終わり、新しい技能を試しながらの参戦
最初は少しとまどいながらでしたが、色々試してみて
一対一だけは、かなり様になってきたかな?

そんな空鶴の昨日のベストバトル〜♪
荒野の決闘
荒野の決闘
前線で暗殺忍者LV58に襲われる。
不意撃ちくらいました、丹いっぱい投げてきました、暗殺乱舞くらいました・・・が!
怒りの百発百中の一撃で仕留めましたw

たぶんこの忍さん、鉄砲と思い襲ったもののあてがはずれ
40代を襲って、相手より先に救援呼ぶのも逃げるのもプライドがゆるさず
しかも投げ丹での呪祖も解除され、最後の力押しも届かず・・・って感じでした。

忍さん、勝負は時の運悪く思わないでね・・・ (なんてw

でもでも、一撃必殺いいね〜 はっ!もしかして召喚も初撃生き残れば・・・
あこぎな夢広がりますw
空鶴が撃つ! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

明日に向かって撃て!

妖しく光る黒き銃
一見重そうに見えるが、しっかりと体にあう曲線が
それをはるかに軽減させる。

越後のとある名工が作 国友筒 ”王虎”

雑賀復興戦に向かう空鶴の切り札ですw

黒き銃 ”王虎”
王虎

この王虎、いままでの速射型三段銃”火竜”とちがい単発なれど
桁ちがいの攻撃力
最近弾丸を、一匁から三匁に変えた私にとっては、ほんと
こころ強い”友”ですw

空鶴もいまや中老、Lvも48になり、30代で合戦出ていたときの
ように、相手の油断を突くような策は通じないと思う。
しかも激戦の予想させる復興戦、どこまでやれるか心配  されど
空鶴ならきっと・・・

奇跡を信じ、明日に向かって撃て  空鶴!!



空鶴が撃つ! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

平和の先にあるもの、そして・・・

いつのまにか、空鶴の所属する浅井家が平和外交を展開し
あの宿敵”足利家”と関係改善をはかってます。

べつに足利家が嫌いなわけではありません
むしろレベルの低い空鶴が参戦したてのころ、合戦でのフェアーな戦い方、(1VS1)で戦ってくれたり、徒党を止めたとき敵であるのに”拍手”し称えてくれたりして、合戦の楽しさを教えてもらった感じです。

ただ私の夢は、”大国”足利家に浅井家で勝つことでした。
そのために、同盟国である朝倉家、伊賀の合戦にはできるだけ参戦し、地道な、小さな小さな外交をしてきたつもりでした。それが・・・

浅井家での仕官、まもなく1年です。
あの滅亡までの苦しい防衛戦、廃城で星空の下での作戦会議、感動の復興
楽しいこともいっぱいありましたが、思い切って他国に移ることにしました。
とりあえず、殿にはご挨拶しておきました。
長政様、さらば!
さらば長政
移籍先は、浅井家の同盟国で、親睦も深い”朝倉家”です。
元浅井の方も多いし、合戦で知り合った知人も多いのです^^
なんてったって、もしものとき、浅井家の援軍いけるしね〜

これからは”朝倉家の水神空鶴”に乞うご期待w
空鶴が撃つ! | permalink | comments(0) | trackbacks(0)